海外進出を検討|飲食店の売上に悲鳴が|客観的に見定めるのがカギ
婦人

飲食店の売上に悲鳴が|客観的に見定めるのがカギ

海外進出を検討

ビル

インドネシアは東南アジアの南部に位置する国で東西に5000キロ以上と長く、1万3000以上の島から構成されています。インドネシアのバリ島は日本でも観光に行く人が多く有名ですが、首都はジャワ島のジャカルタです。インドネシアについてあまりよく知らないという人も多いでしょうが、インドネシアは東南アジアの経済を牽引する国と言われています。近年特に経済成長が進んで所得水準が年々上がっていますし、人口も2億5千万人と世界第4位ですから大きなマーケットです。日本からインドネシアに進出したい企業が多いのにも、そんな理由があります。海外進出を考えるなら会社設立や駐在事務所などの開設にコンサルティング会社のサポートを受けるのがお勧めです。

日本の企業が中国に多くの工場を作ったように、現在は東南アジアに目を向ける会社が増えています。インドネシアにはマーケットとしての潜在的な高さがあり、しかも親日的である事が魅力になっています。ビジネスの規制が少なく法人税が安い事や設備投資や人件費がまだ安いというのも大きなポイントです。海外進出をサポートしているコンサルティング会社は多く、シンガポールやマレーシアなど東南アジア全域を扱う会社もあればインドネシアに特化したコンサルティング会社もあります。コンサルティング会社は現地に店を出したいという方のための出店サポートや、会社の設立のための登記や口座開設や会計その他の業務を行う法人サポートなどを行っています。